123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-01-10 (Sun)
 3ケ月半ば頃からsaの右胸と脇の間に白ニキビのような湿疹ができていました。
その近くでだんだん湿疹が増えていたので「もしかしたら、水いぼ!?」と思っていました。
よく遊びにくるsaの従姉妹が重度の「水いぼ」で、気をつけてはいたのですが・・・
 12月18日に三種混合(第1期1回目)接種のため、小児科を受診した際、胸の湿疹を見てもらいました。
結果は・・・「水いぼ」でした・・・

医者曰く
 水いぼはほっておいて治る病気
 しかし、社会的な要因で治療をする病気(うつってしまうから) 
 皮膚が弱い子がかかる場合が多い
 新生児でかかるのはめずらしい   などなど

医者には「様子を見て下さい」と言われたけど、1月に入って日に日に大きくなるは増えるわでさすがにどうにかしなきゃと考えて、ネットで水いぼ情報を収集。

自分で調べた情報
 大人でも発症する場合あり
 子供だとアトピー性皮膚炎を患っている子に多い
 アトピーだと重症化し、完治まで時間がかかる場合が多い
 水いぼ自体がかゆいわけではない
 「アトピー+水いぼ」の子はアトピーによるかゆみのせいで皮膚をかき、水いぼを他の個所にうつしてしまう。

 水いぼの治療法で一般的なのはピンセットで患部のウイルスの袋を取り出す方法(←かなり痛いらしい)と、「硝酸銀ペースト」を患部に塗って焼いちゃう方法。後はヨクイニンを飲んだり、塗り薬を塗ったり  などなど。
 saの従姉妹は病院でピンセットを使った治療をしてもらっているけど、治療中ずっと泣き叫んでいるらしい・・・かわいそうすぎる。

 saはまだ小さいので内服薬は飲ませられないし、ピンセット治療は受けさせたくなかったので、とりあえず塗り薬を塗って様子を見ることにしました。
 ネットで調べて、乳児でもOKだったのが この↓「ホノザルベ」という薬。

100109 塗り薬①
ウイルスを殺菌して、水いぼが少しづつしぼんでいくらしい。

100109 塗り薬②
薬自体は白色で、においは水彩絵の具のよう。
水いぼにつけると、割とすぐに乾いて本当に白い絵の具を塗ったようになります。

薬をつけ始めたのが、1月9日。
これから地道に続けてみることにします。
これでsaの水いぼが治れば、saの従姉妹にも勧めてみるつもりです。

小さな子供たちにとってストレス・フリーで治療のできる方法をもっと知りたいなぁ・・・
スポンサーサイト
| sa*6か月 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。